お知らせ一覧INFORMATION

〈参加人数〉6人
「気温」32/24℃
【公民館裏畑作業】
獣害被害防止用のネットを縮小する。
穴あきドリルですが以前、草刈りをした草があるのにそのまま使用した。
結果→絡んでしまった。(絡んだ草の除去は時間がかかる)
対策方法→鉄の支柱を打つ周辺の草を除去する。
※刈り取った草の中に三本鍬、万能鍬、スコップ、柄杓を発見!(保田ボカシを作る時、柄杓3本→2本に減って不便だったが見つかって良かった✨)
【ポンプ小屋畑の🍉スイカ収穫】
前回、カラスの被害対策用の網や籠を被せた成果が出た🎊
スイカ6個、収穫出来る🙌
(前回のスイカと違って今回の🍉スイカは甘さあり、ちゃんとスイカの味がありました😋)
【大山桜畑の野菜収穫】
オクラは🌼花が咲いていたので、これからも収穫が期待出来そうだ。
ピーマンは小ぶりのサイズが多く赤色に変わってきた。
もうそろそろ収穫も最終盤になって来ると思う。
(収穫に来れる人は里野山家に来てください。)
【2段田んぼ周辺の草刈り】
Hさんの感想
隣の通路が綺麗に草刈りされていたので「草刈りをしなければ💦」と思ってしました。(凄く🥵暑かったです。)
【大山桜畑の草刈り】
Eさん、Sさん、お疲れ様でした。
作業の感想
今日の作業開始時間は午前8時からでしたが私たち夫婦は少し遅れての参加になりました。
早朝の作業にもかかわらず、少し動いただけでも暑さが身体にこもってきます。
(高湿度が原因かもしれません。)
水分補給の休憩、おやつタイム(スイカ&水羊羹)をとりながら作業は午前中で終了しました。
今日、参加された方々、ありがとうございました🙇‍♀️
水分だけでなく電解質も補給してくださいね😊

〈参加人数〉5人
【気温】33/23℃

〈参加人数〉8人
【梅ノ木畑→🥒地這いきゅうりの定植】
以前、地這いきゅうりの跡地に、6株定植する。
草マルチをする。
【精米機前の畑→収穫】
ズッキーニ1本
バターナッツ22個
まくわうり11個
🥝キウイ側(道路側)のカボチャの受粉をする。
なぜ?今頃、カボチャの受粉なのか?
→行燈の除去が遅れたのと草が生い茂って日照不足のため?遅れて🌼花が咲き始めたのではないのか?
【百百子さん畑→黒豆トレーの回収】
高圧洗浄機でトレーを洗う
【三段田畑中段•下段→草刈り】
【公民館裏畑→草刈り】
サツマイモの畝の間の草刈り→Aさん
公民館裏畑の周りの草刈り→Hさん
※【レンゲ畑の草刈り】
里野山家会員のMさんがレンゲ畑の草刈りをして頂きました。面積が広く畑なので大変だっと思います。ありがとうございました🙇‍♀️
【感想】
午前11時頃から☔️雨の予報と聞いて早目に作業に取り掛かりました。
猛暑では、ありませんでしたが蒸し暑く🥵熱中症に注意をしないといけないと思いました。
作業は午前中で終了し昼食は収穫したばかりのMさん手料理のバターナッツカボチャの炒め物、カボチャの🌱新芽のお浸し里野山家の🍉スイカと頂き物の🍉スイカ、Oさんの奥さん手作りのシフォンケーキをご馳走になりました。
バターナッツカボチャは収穫して直ぐなのに甘味があり、カボチャの新芽は苦味もなく美味しく頂きました。来年はカボチャの新芽をお浸しにしようと思います。(お料理のレパートリーが増え、助かります😊)
🍉スイカは熟する前にポロっと取れたみたいなので赤みはなくほとんど白色です。水分たっぷりのそりなりの味です。(🧂塩をかければ良かったなぁ?)
🍉頂き物のスイカは甘味が美味しかった。
シフォンケーキはふんわり甘さ控えめのとても美味しいケーキでした。(今日、作業に来て良かった💕) 
今日の作業は午前中のみだったので昼食は美味しい料理、デザートを食べながら楽しい会話とくつろげた半日でした。
参加された皆さん、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました🙇‍♀️

【絞り師】松〇さん
〈参加人数〉大人11人、子ども5人
「気温」29/24℃
「天気」曇り/雨
『醤油樽の温度』24℃

〈参加人数〉大人7人、子ども4人
【作業内容】
ミニトマトは割れている実があり、そろそろ収穫と終わりという感じです。
ピーマンは☔️長雨の影響で支柱が何本か倒れていので新しい支柱で保護する。
オクラと🍆ナスは日照不足のため?少な目でした。
帰り際、ミニトマト&ピーマンは自分たちが必要な量を頂きています。
作業中も時々、☔️雨が降り、野菜の影響が心配です💦

2021年8月8日

刈払い機講習会

9:30〜10:45 講習会
10:45〜11:00 休憩
11:.00〜12:15 講演会
12:15〜12:30 質疑応答
12:30〜13:30 昼食
13:30〜15:00 実技る
【参加人数】10人

『エンジン式』
2サイクル  
4サイクル→マキタ、ホンダ
『バッテリー式』
大半はリチウムイオン電池で電圧(ボルト)で用途も変わる。
14、4V 18V 36V 40V
※中国製→充電→発火する危険性高い

『チョークについて』
「チョーク(choke)の意味」
窒息させる、塞ぐ、息苦しくさせる。
「低音時はエンジンが、なぜ、始動しにくいの?」
空気の密度に大きく関係しています。
同じ圧力の空気で比べた場合、空気の温度が高いと密度が低くなり温度が低いと密度が高くなります。
キャプレターは負圧(圧力の差)で空気とガソリンを吸い込む仕組みのため同じ圧力の環境下では気温が高い時よりも低い時の方が吸い込む空気の密度が濃くなります。
ですが負圧によってガソリンを吸い上げるキャプレターの構造上、同じ圧力下で空気の密度だけが変わる場合、吸い上げられるガソリンの量は大きく変わりません。そのため、相対的にガソリンの量の割合が少なくなり、いわゆる混合気が「薄い」状態が作りだされ、なかなか火がつきにくい状態になるということです。
「チョークの仕組」
チョークはキャプレターの空気の通り道を強制的に狭めることで空気の量を少なくします。
相対的にガソリンの割合を高くすることによって混合気の濃い状態を作り出し天火しやすくします。

『メーカーと取扱い店』
「DIYと、ホームセンター専門農家店の違い」
DIY : 価格は廉価、修理アフターが十分ではない。→修理すぐに出来ない。
「主なメーカー」
ベスト1)マキタ
ベスト2)H I k o i
マルヤマ、リョウビ、ヤマゼン、タナカ

農機具店 : 価格はDIYの倍以上、代わりに修理アフターはしっかしている。
ベスト1)ゼノア
ベスト2)スチール
やまびこ、新宮、マキタ、Hikoi

『機械の運転方法』
チップソー : 通常回転数5000回転
ビニール紐 : 5000〜.8000回転
『刈払い機の2サイクルエンジンは11000回転位は回るがエンジンを痛める)

『混合燃料について』
•ガソリンは気化する為、温度が上がる夏場は特に危険→気化防止の為、携行缶の中蓋をつける。
「タンクからの移し替え」
•作業終了後、タンクに燃料が余ってあならがガラスの瓶に一度、移し替える。
そして、それを燃料容器または携行缶へ移し替える→燃料がこぼしにくい。
『2サイクル混合燃料のランクと用途』
FA: 昔の2サイクルオートバイのオ
オイル、混合比率は、20,・5
FB: 汎用農機具、船外機などの混合   
   比率は25 : 1
FC: 最近チェンソーや刈払い機はどちらも50:1です
FD:すべて適用。

『構造とメンテナンス』
•エアークリーナー:出来れば毎回作業終了後点検。
•先端歯車室のグリース交換は年一回。
•他にもクラッチ、燃料フィルターなどは必要に応じてメンテ→中性洗剤を使用する。
『刈払い作業の基本動作』
①草刈り作動→セーフティレバーを握る。
②元に戻すの間→セーフティレバーを放す。
この動作をすると燃料の節約、②の動作の時、エンジンが低音になる。この時に緊急連絡の声かけが聞こえやすくなる。
③ハンドル(グリップ)を軽く握って構え、上体をまっすぐ起こり両足を肩幅に開き、右足を半歩前に出す。
④刃先は刈刃の送り先方向に5〜10°傾けて構える。

「刃について」
•2枚刃、4枚刃→パワーがある→重い、キックバックしやすい。
•刃を縦に見ると刃の向きが交互にジグザグ斜めに傾いている→アサリ目
「飛散防護装着ついて」
•草が挟まってしまやすいが刃と飛散防護装着の距離は移動してはいけない。
•飛散防護装着を外してはいけない→怪我をした時、保険が適応されない。
『ビニール紐について』
•紐は事前に水をつけて使用する→草が切れやすくなる。
•紐はリール本体から10〜15cmまで、出し過ぎるとクラッチやエンジンを痛める。
•機械本体もエンジンの排気量は25cc以上、バッテリーは36V以上を使う。
『あれば便利グッズ』
•肩バンド→機械の重さが軽くなり両手が自由になる。
•安全スパイク地下足袋→急な斜面の草刈りの時、滑らず作業がしやすい。
•「ジズライダー」地ズリ刈りとスタビライザーの2つの言葉で出来ている。刈払い機を地面に滑らせる事によって安定した草刈り作業が出来る安定板。

『実技の感想』
実際、夏の季節に草刈りをする時が多いので猛暑の中、どのくらい体力が消耗するのか?
自分な草刈りをする時、早朝?夕方?と選択出来るようになった。
•初心者は刈払い機を使用する事で自信につながったのではないでしょうか?
•経験者は他のメーカーの刈払い機を使用出来たので次回、購入する時の目安になったのではないでしょうか?
やはり、身体で覚えるのが1番ですね。
今日は講演会の下準備して頂いた講師やスタッフの皆さん、ありがとうございました🙇‍♀️
それと参加者の皆さん、お疲れ様でした。
私も数年前、宝塚で刈払い機の講演会へ参加しましたが今日の講演会に参加をして良かったと思いました。
経験者ならではの視点、注意点、アドバイスetc
盛り沢山の講演会でした。
自己流の人も何回か講演会を参加されている人も再度、この講演会に参加される事をお薦めします。

【参加人数】10人
『ポンプ小屋畑のスイカ救助隊』
先週に引き続きカラスにスイカを食べられてしまいました。
合計7個です💦
猛暑だったからか?
カラスも水分補給をしたのでしょう。
でも悔しい💢
という事で残っているスイカ、12個に籠、コンテナを置き、様子を見る事にしました。
『梅ノ木畑のネット張り&修繕』
木の支柱が折れてしまった事と🦌鹿が飛び越えられないように強化して2段式のネットを張りました。
竹を🪚伐採し長さを調節までは良かったのですが•••
2段目と1段目のネットの間に隙間がでしてしまい、その調節に手間が掛かりました。その作業中、☔️豪雨、⚡️雷!
すぐ止むと思ったのに約45分くらい、小屋で雨宿りをしました。そして🌂小雨になったところで再度、作業開始。
1段目と2段目のネットを麻紐で固定し作業終了出来ました🙌🙌🙌
参加して頂いた皆さん、この豪雨で全身ずぶ濡れでしょう!
🤧風邪など引かないように帰宅しましたら♨️お風呂は入り、今日の疲れを取ってくださいね。
今日の参加者が✨勇者✨に見えました😊
ありがとうございました🙇‍♀

2021.8.1(日)よりちゃん田んぼ→ドローン撮影と水注水、大山桜畑下段→🍅トマト支柱、🍅ミニトマト、🍆ナス、ピーマン、オクラの収穫、百百子さんの畑→水対策、草刈り、梅の木畑→地這いきゃうり&つるありインゲン豆の定植、
精米所→ズッキーニ収穫
〈参加人数〉
「午前」大人11人、子ども1人
「午後」大人7人
「気温」34/23℃
「天気」猛暑
【よりちゃん田んぼ】撮影者 I さん
「ドローン撮影」
1回目、猛暑のため熱がこもり操作機が正常に動かなかった。
2回目、操作機を冷まして再度、撮影開始。短時間撮影を心掛ける。
撮影終了後→ポンプの水を開ける。
※帰る時、お隣の田んぼのおじさんが軽トラで里野山家まで送って頂きました。猛暑日だったので助かりました。
ありがとうございました🙇‍♀️
【梅の木畑】
「必要物品」
草堆肥、スコップ、水、草マルチ用の草
「午前」
『地這いきゅうりの定植』
「定植本数」→35株
刈り払い機作業→1人
定植作業 →4人
「作業内容」
本来、畝と黒マルチを使用ですが猛暑のため作業時間を短縮させて頂きました。(参加者の身体のため)
①カボチャの定植を参考に35ヶ所に穴を開ける。
②穴に草堆肥を入れる。
③穴に水を入れる。
④地這いきゅうりのポットの苗を定植する。
⑤水をまく。
⑥草マルチをする。

【 大山桜畑下段】
刈り払い機作業→1人
トマト支柱作業→1人
Mさんより
①オクラが順調に育っています。大きく成りすぎると、硬くなります。適宜、収穫を。
②ピーマンもたくさんなっています。少し、小ぶりですが、収穫できます。
③ミニトマトは終盤にはいってますが、まだまだ収穫できそうです。
④茄子は、日照り続きで、小さなものしかできていません。どなたか、剪定をお願いします。
⑤赤毛瓜は、前述のとおり、今花が咲いています。収穫はもう少しかかりそうです。
⑤大玉トマトは、地這え状態を支柱に固定しました。何とかものになるか?
⑥その他 畑の草取り・草刈りしたものを草マルチにしました。夕立を期待しましたが、来なかったので、谷川の水を揚げて、水やりをしていただきました。
アドバイス
定植、種播きの日にち、種類、本数を記入すれば他の人がわかりやすいです。

【百百子さん畑】→5人
Hさんより
周辺の草刈りOさん、
池のサイフォンを開けたHさんSさん
水路作り、Hさん、Sさん、Eさん中心に実施。
水路は、上から2段目、3段目(黒豆植えてある)までとりあえずつなぎ、流れるようになりました。
ただ、途中で地面に吸い込まれてしまうのかなかなか勢いはありません。
あと、畝間にはまだきちんと繋がっていません。
池の水が無くならないか心配です。

※「作業午前組」→大山桜畑の野菜を収穫する。

【梅の木畑】
「午後 」
『つるありインゲン豆の定植』→5人
「定植本数」→
32株
「作業内容」
さやえんどう豆使用後の支柱&ネットを使用する。
①地這いきゅうり作業内容①〜⑥同様。
②麻紐でつるありインゲンの誘引をする
【精米所畑】→1人
ズッキーニ、まくわ瓜、バターナッツが成長や写真撮影する。
写真を見ながらMさんに収穫時期を相談する。
「まくわ瓜とバターナッツはもう少し」との事。
ズッキーニ2本を収穫しました。

「感想」
8月に入り猛暑となりました。
本当なら午前で作業を終了するはずでしたが、残ったインゲン豆のポットの苗や作業を途中にしていまった野菜たちを目の前にすると帰るに帰れない状態だったと思います。そういう皆さんの優しい気持ちに甘えてしまい、午後の作業をしてしまいました。申し訳ありませんでした🙇‍♀️
疲れや体力の消耗など大変だったと思います。
今日の作業は「野菜優先」の作業だったと思います。
次回から皆さんの「身体優先」にして暑い期間は午前作業で終了では、どうでしょうか?
皆さんのご意見をお聞きしたいと思います。
それでは、今日の参加者の皆さん、夏バテにならなように今夜はゆっくり、くつろいでください。
そして、ありがとうございました🙇‍♀️

楽しみながら三田の農業について考える、One Day 農 Trip(1日農体験)に参加してみませんか。

詳細は三田市のホームページ、または、QRコードからご確認お願いします。

三田市/One Day 農 Trip(1日農体験)の募集について(お詫び)

 8月22日(日曜日)に予定しておりましたOne Day 農 Trip(1日農体験)について、受け入れ先の農業者さんがケガをされてしまい参加者の募集は一旦、停止させていただきます。

 なお、今後の状況により、中止あるいは延期の可能性があります。あらかじめ、ご承知おきのほど、よろしくお願いいたします。
今後の状況につきましては、8月5日(木曜日)にコチラのページにてお知らせいたします。
ご迷惑をおかけすることになりますが、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
※三田市ホームページより引用

日時:8月8日(日)
  9:30~15:00


午前:安全衛生管理の座学・機具の説明

午後:構造解説・修理メンテ・実技実学

持ち物
お弁当、飲み物、帽子、タオル、筆記具

服装:
運動しやすいもの、運動靴

※必ず熱中症対策をして下さい!

申し込み:里野山家


三田市酒井349
079-569-0123
cpnu18673@maia.eonet.ne.jp