お知らせ一覧INFORMATION

梅ノ木畑のニンニク畝作り、🥒地這いキュウリ収穫、除去、🥬小松菜の不織布→防虫ネット変更、大山桜畑隣の倉庫(真ん中)片付け作業。

〈参加人数〉8人
「気温」・・30/15℃
「天気」・・晴れ
【梅ノ木畑】
「必要物品」
🚜トラクター、管理機、鍬、三本鍬(備中鍬)、万能鍬、スコップ、三角ホー、草堆肥、保田ボカシ、玉ねぎ用穴あき黒マルチ(幅95cm、50m、5列穴あき)、✂️ハサミ、水汲みポンプ
「作業内容」
•🥒地這いキュウリ2本収穫する→除去 
•🚜トラクターで深く耕す
•管理機で4畝、作る。
•畝割り→草堆肥→保田ボカシ→畝を鍬で整える。
•玉ねぎ用穴あき黒マルチ5列の穴→4列
(黒マルチの端、穴空き1列を折り込む)
•4畝→3畝はニンニク畝専用
•端の1畝はニンニク以外の野菜用
(去年、1畝はニンニクを育ていたの連作防止のため)
「🥬小松菜の作業」
•畝全体に🌱芽が出たので不織布→防虫ネットに変更する。
「ほうれん草、不織布除去後」
•5〜6本のみ、🌱芽が出たので防虫ネットなしで様子を見る。
•ほうれん草、小松菜、🥕人参水やり2回する。
(ほうれん草の芽が少ない原因→水やりをしていたが先日の台風の強風と高温のため畝が乾燥したため?)

有機農業教室の先生のアドバイス
「高温時期に黒マルチを使用すると成長が早くなるよ。」
→皆さんと相談
「涼しくなったらニンニクの種播きをするので穴あき黒マルチを使用する。」

→理由
「草に栄養が奪われる可能性がある。」
「草刈りが大変だから」

注)黒色の🐍蛇を発見!
マムシではありませんでしたが作業をする時は長袖、長ズボン、長靴と服装に気をつけください。

【大山桜畑隣の倉庫(真ん中)片付け】
〈参加人数〉
ふるさと楽農部 7人
里野山家    1人
「必要物品」
運搬機、一輪車
「作業内容」
《山の奥へ移動》
→瓦、コンクリート用の袋、畳、段ボールに入った里芋、籾殻
《クリーンセンター用》
•燃えるゴミ→倉庫の前に移動する。

「感想」
10月に入ったが気温30℃、暑いです💦
秋風を肌で感じれる季節になりましたが身体を動かすと汗が出ます。
🥵熱中症対策はもう少し必要かもしれません。
今日のニンニク畝作りは🚜トラクター、管理機の助けを借りましたが人の💪力には敵わないなぁと、思いました。
いつも、作業がスムーズに行われていますがこれは当たり前の事ではなく、参加者たちが「どうしたら作業が円滑に行われるか?」「安心、安全な野菜を作たい、学びたい」と自ら出来る事を率先した結果ならではの行動でないでしょうか?
農業経験の年数に関係なく「志し」「思い」の1つの形(カタチ)が私たちが作っている『野菜』かもしれません。
それでは、今日はニンニク畝作りの他に倉庫の片付けなどの💪力の仕事がありましたが、お疲れ様でした🙇‍♀️
皆様への報告
新しい畑→「和子さん畑」をお借りする事になりました。場所は「苗床田んぼ」隣です。
「和子さん畑」の奥の畑1/2(空き地)が「🧅玉ねぎの苗」の定植するの予定です。
そして出入口1/2は野菜が植えられていますので収穫後、使用する予定です。

【今回の予定】
『和子さん田んぼ稲刈り』
「日にち」
10/9(土)、10/10(日)
「時間」
9:00〜
「集合場所」
里野山家
「持参する物」
飲料水、お昼ごはん

参加人数 大人 7人、子供3人
気温   28/15度
天気   晴れ
作業内容
【梅の木畑】大根のサルハムシ?カブラハバチ幼虫?駆除。 野菜水やり。 綿花の横の草刈り。 【農業倉庫掃除】荷物を出す
【収穫】スイカ、エンドウ、綿花の種、バターナッツ

泥団子とピンセットで大根の害虫駆除。 サルハムシもいたし、カブラハバチもいたような?気がします。結構葉が残っている苗には20匹以上もついていて、とにかく時間がかかる。 また明日も地面から出てくるのか〜と思うとゾッとします!

ほうれん草の畝の不織布をとりました。 お昼の気温がまだ高く、中の温度が上がりすぎているのではないかということで外しています。 とった不織布はざっと巻いて端に置いています。 よろしくお願いします。

梅ノ木畑、べんり菜の種→小松菜の種変更&ほうれん草の種播き(追加)大根のダイコンサルハムシ駆除、人参の不織布除去、ゴーヤ&つるありインゲンの収穫

〈参加人数〉3人
「気温」27/18℃
「天気」曇り
【梅ノ木畑の野菜確認】
「べんり菜の苗」→2〜3株しか🌱芽が出でいない。
『べんり菜の種』→「小松菜の種」変更
「ほうれん草の苗」→5〜6株しか🌱芽が出でいない。
『ほうれん草の種』→再度追加で種播きをする。
【べんり菜&ほうれん草の苗が消えた原因】
①水が少なかった?
②防虫ネット使用中なのに虫に食べられた?→土の中から虫が出で来た? 
【対策】
①保湿維持のため防虫ネット→不織布に変更する。→防虫ネットは畝の端にひとまとめに包んで、六角マルチ押さえで固定、重石使用。
②隣の大根の「ダイコンサルハムシ」駆除をする。
【ダイコンサルハムシ駆除用の泥の作り方&方法】
「必要物品」
•蓋付き空き瓶
•割り箸
•土
•水(土を泥状にするため)
「泥の作り方」
①蓋付き空き瓶に適量の畑の土を入れる。
②土が粘土状になるくらいの水を入れ割り箸で混ぜる。
「ダイコンサルハムシ駆除の方法」
①割り箸の先端に泥をつける。
③泥が接着の役割をするのでダイコンサルハムシ(黒い虫)をつける。
④そのまま空き瓶の泥の中にダイコンサルハムシを入れる。
⑤使用後、ダイコンサルハムシは泥の中でも生存しているので1日以上、空き瓶の蓋をして窒息させる。
※この方法は保田ボカシを発明されだ保田先生の祖母が考えられた方法です。機会がありましたら実施してください。癖になります😊

大山桜畑上段のキャベツ&🥦ブロッコリー&サニーレタスの定植、防虫ネット張り、山羊畑の🍓イチゴの苗、再移植&ネット周囲の草刈り、梅ノ木畑のキュウリ収穫。燻炭作り

〈参加人数〉
大人 11人、子ども 2人
「気温」・・24/19℃
「天気」・・曇り/雨

【大山桜畑上段】
キャベツ×30株、ブロッコリー×30株
•一条植え
•1畝→約15m
•間隔→50cm
•防虫ネット使用

サニーレタス×80+15=95株
•一条植え
•1畝→約15m
•間隔20cm
•防虫ネット使用

サニーレタス80+15
キャベツ30株
ブロッコリー30

9/25(土)白菜×50株
•一条植え
9/26(日)白菜→防虫ネット張り

【山羊畑】
🍓イチゴの苗×208株再移植
•1畝→約14m。
•草刈り機&ビニールカッター使用
•イチゴ畑ネット周辺の内側、外側の草刈り鎌で手刈り

【燻炭作り】
•Sさん→籾殻使用
•時々、🔥火が消える
•🥔ジャガイモをアルミで包み、一緒に焼く

【かつみさんの米作りについての助言】
🌾稲穂の先、7割黄色→水抜き開始
よりちゃん田んぼ→じゅる田(水捌け悪い田んぼ)
「米、餅米種まき&田植え予定日」
4月第2日曜日→米&餅米種まき
5月第2日曜日→米→田植え
5月第3日曜日→餅米→田植え
【1日農業体験について】
•参加費の有無について話し合い→有り
【収穫】
9/25(土)精米所向畑かEさんが収穫。
🥜バターナッツカボチャ→9個
🎃カボチはャ →1個
大山桜畑下段
ピーマン&オクラ
梅ノ木畑
🥒キュウリ →2本

※ Mさんが「こぶしの実」(獣の餌)を持ってきて頂ました。
1番最後の写真です。
「こぶしの実」が大量に出来ると『☔️雨』が多い年になるそうです。
確かに雨が多かったですね。
植物に教えられる事がたくさんあるので
観察して見てください。

【感想】
山羊畑の🍓イチゴの苗の移植中に☔️雨が降って来ました。まだ草刈り途中でしたがどうにか作業が終了出来ました。
作業中、Kさんが「今年、イチゴを数個しか食べていない」と話されていました。
来年はKさんもメンバーの人たちもイチゴをたくさん食べに来てくださいね。
それでは、今日の作業、ありがとうございました🙇‍♀️。

大山桜畑🐍マムシ駆除、草刈り、草集め、畝作り(保田ボカシ&牛糞入り)🍅トマト&ミニトマト除去、🫑ピーマン、オクラ収穫、梅ノ木畑の大根の種まき追加

〈参加人数〉
大人 12人、子ども 3人
「気温」・・28/20℃
「天気」・・晴れ


【朝の話し合い】
「今日の作業予定」
 三段田んぼ→ヒエ抜き
 大根の間引き3本→2本
 大根の上→三角ホー→草かき(2〜3回)
 稲木→鉄の支柱100本
 バインダー購入する
 ハーベスター購入?

【大山桜下段畑作業】
「草刈り」→草刈り機&ビニールカッター使用。
 ネット下の草を刈るためS字フックをしてネット
 をあげる。
「収穫」
•ピーマン、オクラ
•🍅トマト&ミニトマト終了、除去作業をする。
「畝作り」
•管理機で畝作りをする(保田ボカシ&牛糞入り)
•5つ畝を完成する。
「マムシ駆除」
•草むらに『マムシ』発見❗️
長さ約30cm、太さ約2〜3cm
Sさんが先が尖っているスコップで首を切断する。『マムシ』は一気に駆除をしないと仲間を呼ぶ習性がある。
•長袖、長ズボン、長靴は必須!

【梅ノ木畑臨時、大根の種まき作業】
•大根の発芽率が悪い→Mさん、大根の種を追加で撒く。
•Yさん、土壌酸度計で大根の畝を測定する。PH6.4→酸性〜アルカリ性
土壌には問題はないようだ。
•🥕人参の🌱芽が出ました🙌

【農ガールズの手料理】
•🍙おにぎり&玉子焼き
•🌰里野山家の芝栗

「とちの実の種」
•Mさんから「とちの実の種」を見せ頂きました。
「とちの実の種」になるの約30年ぐらいかかるそうだ。
•乾燥させると発芽が出来なくなる。
•「とちの実」を採取したら乾燥する前に種まきをする。
•9月頃が種まき時期

「感想」
秋風が気持ち良く感じれる季節になりましたが身体を動かすと汗💦が出てきます。畑作業するには、まだ🥵熱中症対策が必要ですね。
さて、今日は「大山桜畑下段」で『マムシ』を発見しました。細めのヘビが草むらに隠れていましたが確かに『🐍マムシ』でした。
田畑の作業をされている人はヘビ駆除は通らないといけない道です💦
実際、『マムシ』の駆除を見学したのは初めてですが良い体験になりました。
田畑の作業時は手元近くに先端が尖っているスコップを常備していた方が良いかも?
話は変わり、今回、お昼ご飯作りに『農ガールズ』が大活躍をして頂きました。
平均年齢6〜7歳、若いです❗️
彼女たちの「玉子焼き&おにぎり」は絶品でした💕
お父さんたちへ•••羨ましいだろう😁
また、作ってね🙏
(芝栗も小ぶりでしたが美味しかったです😋)
それでは、皆さん、畑作業には愛情こもった料理を食べたパワー💪で『マムシ』を寄せ付けないようにしましょうね😊
そして。今回も暑い中の作業、ありがとうございました🙇‍♀️

〈参加人数〉
大人  10人
子ども 5人

〈参加人数〉
大人 8人
子ども 5人
【精米所向畑の収穫】
バターナッツカボチャ 8個
マクワウリ      1個
「バターナッツカボチャ」→小さい実が複数あり今後の収穫に期待出来そうです。
「マクワウリ」→☔️長雨の影響でほとんど腐ってしまう。
「栗カボチャ」→雄花しか咲いておらず雌花はありませんでした。今後の収穫は期待出来ない。
【大山桜畑の追肥&収穫】
「赤毛ウリ」→食べ頃の実が数本あり。
「ピーマンの追肥」→小ぶりだか花が咲いているので収穫が期待出来る。
「オクラ」→花の数が少なく収穫したオクラが小さい。
「ミニトマト」→☔️長雨で実がほとんど割れいる。もうそろそろ終了かも?

今日の作業は追肥と収穫でしたが
初めてカボチャの収穫をする人がいて、雌花と雄花の違いを見ることが出来た様子でした。その姿を見ると「何事も新鮮だった頃を思い出します。「初心を忘れべからず」ですね。
それでは、皆さん、収穫した野菜の感想を後日、聞かせてくださいね。
お疲れ様でした🙇‍♀️

2021年9月11日

初めてのトラクター

運転に不安そうでしたが、10分ほどで耕すことが出来ました。
皆さんも是非チャレンジしてくださいね。

👇子供たちが手造りしたブランコです!!

2021年9月5日

9/5 参加者のお声

川〇さん

 お疲れ様でした、午前だけですいませんでした🙏
可愛い孫、ひ孫、玄孫までいたようですが、子供や孫は枝分かれして網目のように入り組んでいたのもありました。どのように選別したのか⁈
楽しくワイワイ、笑顔で作業されてた様子が想像されます🤗
イチゴがあの様に子孫を繋いでいるとは本当に驚きました。
午前だけでしたが、時より秋風のふく心地良い作業でした🥰
里山の景色や山羊さんにも癒されました😘

江〇さん

 昨日は、イチゴ苗の植え替え作業に参加させて頂きました。
添付写真は、蓬〇さんが川〇さんに、ハルちゃんとの会話方法を教えてくれてる

 午前中はイチゴの畝隣、横の空いた畝の草の処理と、イチゴの元ツルの引き抜きでしたが、なかなか快調!です。 ~その訳は なんせハイスピードでハイテクな 岡〇さんがいらっしゃる。一人で五人分はラクにこなされますから。
午後は、イチゴの引き抜きしている最中から、子ズル、孫ツルの定植を始めましたら、これがナンとスローなペース。岡〇さんと同じように、とても多忙な中を参加された方が抜けられて、マルチを張って元肥入れて、若い苗を4列に植え付けるだけですが、遅々として作業が進まないんです。その内、同じ態勢での作業で足腰に疲労が来る始末でした。

 ちょうど 佐〇さんご夫婦の息子さんのご家族が、可愛いお孫さん連れで、1年半振りのご対面に来られた時に、試合終了しました。

キツかったけど楽しかったです😆次の10月の本定植を楽しみにしてます。

参加人数 午前10人、午後6人
最高気温 30°C

本日の作業は、ヤギ畑のいちごのランナーの移植です。
今年収穫したいちごの苗から、孫、ひ孫のランナーを切り取り、お隣の畝に仮で移す作業です。
ちなみにこのランナーは、10月終わりころ、本当の畝に定植して、来年にいちごを収穫するものです。

本日の作業
AMは、いちごの周辺の草を鎌で刈り取ります。草が多すぎて、これがなかなか厄介な作業で、途中からいちごの株を抜いてランナーを取り出す作業に切りかえました。
この作業と並行して、いちごのお隣のエリア(じゃがいも収穫した跡)の草を刈払機で一旦刈り、管理機で耕し、畝立てをしました。
並行して一部のメンバーは、赤ウリとかぼちゃの収穫をしました。
ここまでで午前中終了。

午後の作業は、午前中に作った畝に、ランナーを定植していきます。とうもろこしマルチを張り、マルチに穴を開け、土も掘り、その中にぼかし肥を入れ、土をかぶせ、そこにランナーを定植します。しかし、今日は日差しが強すぎたせいか!午前中にとったランナーが暑さで枯れてるように見えるものもあり、新しいランナーを取り足しながら作業をしました。

最後の方は暑さで結構疲れてきて、本日中に完成するか心配でしたが、みんなの力でなんとか完成。おそらく240本くらいは定植できたのではないかと思います。

本日は蒸し暑く、汗もたくさんかきました。参加されたメンバーの方々、大変お疲れ様でした。