お知らせ一覧INFORMATION

【午前】
参加者4人
イチゴ畑、ジャガイモ畑の草刈り、イチゴの追肥(保田ボカシ)、裂けたネット補充をしました。

【午後】
参加者5人
・イチゴ畑の裂けたネット補充の続き作業をする。
・苗床用の竹の支柱作りをしました。

今日は、気温26℃、すっかり夏気分です。
イチゴの実がなり始めした。
この暖かさなら5月の連休に赤色のイチゴが食べらるかも?

醤油作りメンバーが天地返し待ち時間に溝作りをしました。
さすが時間の使い方が上手ですね😊

2021年4月17日

第一回醤油作り

【午前】高平ふれあい交流センター研修室にて絞り師松岡さんのお話、絞り師萩原忠重さん出演「醤油作りの詩」観賞会

【午後】里野山家玄関内にて醤油仕込み作業

里山の癒しとやすらぎを届ける、インスタグラムのアカウントを若者たちと協力して、開設いたしました!いつも家族で遊びに行ける楽しい田舎をコンセプトに、里山体験や里山暮らしの様子を発信しています。

高平は里山体験の全てが集まった地域です。農業体験、薪割り、焚き火、ジビエ、餅つき、田植え、焼き芋、森林整備など、年間を通して、様々な営みにふれることが出来ます。

この情報発信を通じて、持続可能な暮らしの大切さや、自然と人との共生、耕作放棄地の活用等の課題にも関心を抱いていただきたいです。

アカウントはこちらになります。

https://instagram.com/satoyama_life?igshid=1ihoqvfsr4qf2

ぜひ、フォローして、ご覧ください。写真や動画は、どれも素敵で感動していただけると思います。里山の暮らしを覗いてください。

アカウントの解説やコンセプトづくり、写真や映像の撮影は、三田市の広報PR会社である「スタジオMOVEDOOR」さんにお願いしました。若手中心の三田市の地域貢献にも取り組む方達です。

スタジオMOVEDOORさんの公式HPはこちらです!

https://movedoor.jp

こちらも、ぜひご覧ください!

平成30年8月23日(木)

平成30年度第2回「三田市有機農業講座」を春と同じく神戸大学名誉教授である保田茂先生と兵庫県農政課環境部農業改良課参事の西村樹先生をお迎えして、高平郷づくり協議会と共催で開きました。

天候の都合で午前中に実際に保田先生に教えて戴きながら、保田先生が考案なさった保田ぼかしづくりと大根の種蒔きを畑で実習しました。

午後は保田茂先生と西村いつき先生に有機農業の基本である土の大切さと農薬の人体における影響の怖さについて講義をしていただきました。

平成30年8月18日(土)~19日(日)にかけて平成30年度第4回兵庫県農山漁村活性化事業として三田市野外センターを中心とした高平地域で「高平の夏の夕べを楽しむ会」がNPO法人里野山家主催で行われました。

まず、高売布神社での地元のお年寄り手作りの「高売布神社縁起」の紙芝居を見せて頂き、保田農法の実験場でのヤギの花ちゃんへの草やりや今年の大雨や日照りを何者ともとせず立派に育った茄やピーマンの収穫を体験しました。

夕食は野外センターでのB.B.Q. 夕闇が迫るころ火の神様が現れてキャンプファイヤ―の点火式。高平ギター部の若ちゃんと千晶さんによる楽しい歌の数々の合間の大笑いの様々なゲームが続きます。

とっぷりと暮れた山に登っての天文観測会は1時間の予定が大幅に伸びて2時間延長でした。お月様や土星を天文望遠鏡で見せてもらいました。

明くる朝は地元のタノカンサさんと三田の街のキビトパンさんのとっても美味しいクロワッサンやエピの朝食でした。

その後波豆川の移住3年目のお宅を訪問しておくどさんで火吹き竹を使ったご飯炊き。大人もこどももほっぺたを大きく膨らまして「ふーーっつ、ふーーっつ」って火吹き竹で空気をおくどさんに送り込みます。その場で出来立てのご飯のおにぎりをいただきました。その美味しいことはこどもたちの笑い顔で一目瞭然。

続いて、地元の陶芸家田中さんの木器窯を見学させて頂いて、田中さんのお話に子どもたちも真剣な眼差しで聞き入りました。そしてその窯の大きなのにびっくり!

お昼ご飯は高平郷づくり協議会の郷カフェで地元のお母さんの手作りランチ。遠くは川崎市や近くは西宮、神戸から参加した家族の人たちは高平の夏を大いに楽しみました。