2021年10月9日

あきばれM B213バインダーの説明☞【説明指導】三菱農機の〇川さん

〈参加人数〉
10人
【エンジンオイル】
1日/1本→予備1本準備する。
【燃料】
⛽️ガソリン

『結束ひも取り付け』
①ブレーキレバーを押し下げ、結束ひもを「ひもケース」→「ひもブレーキ」→「ひもガイドスプリング」→「ニードル先端部」を通し、通した結束ひもを1m出す。(各場所にオレンジ色が着いている。)
この時、補助の1人が結束ひもをひっぱる。
②結束ひもを通した後、必ずブレーキレバーを押し上げる。
1mの結束ひもが自動的に切れる。
「エンジン始動」
①バンパを取り外す。
②メインレバーを止めを確認する。
③刈取りレバーを切るを確認する。
④リコイルスターターを軽く引く
→エンジン始動する。
移動、先端部のデパイダを地面にぶつけないように浮かせて移動する
⑤ナローガイドを下ろす。
⑥自動刈取り→1速
注)2速は使用しない。
⑦自動刈取り→左右のデパイダの間に
1束、稲が入るように前進する(左回り)
⑧右変速レバー(右へ曲がる)
 左変速レバー(左へ曲がる)
⑨カーブは稲の稲刈りが出来にくいので後で手刈りする。
⑩刈取り終了→エンジン停止スイッチを押す。

【バインダー使用について注意点】
•作業開始時間→午前10〜11時頃。 
「理由」
①あきばれM B213バインダー稲の結束部分が乾かない、麻紐が切れやすい
②朝露が原因でハーベスター、コンバイン朝露、米が機械の中に着く→米が詰まる→機械の故障
麻紐の取り付け」