2021年9月5日

いちご畑のランナー移植

参加人数 午前10人、午後6人
最高気温 30°C

本日の作業は、ヤギ畑のいちごのランナーの移植です。
今年収穫したいちごの苗から、孫、ひ孫のランナーを切り取り、お隣の畝に仮で移す作業です。
ちなみにこのランナーは、10月終わりころ、本当の畝に定植して、来年にいちごを収穫するものです。

本日の作業
AMは、いちごの周辺の草を鎌で刈り取ります。草が多すぎて、これがなかなか厄介な作業で、途中からいちごの株を抜いてランナーを取り出す作業に切りかえました。
この作業と並行して、いちごのお隣のエリア(じゃがいも収穫した跡)の草を刈払機で一旦刈り、管理機で耕し、畝立てをしました。
並行して一部のメンバーは、赤ウリとかぼちゃの収穫をしました。
ここまでで午前中終了。

午後の作業は、午前中に作った畝に、ランナーを定植していきます。とうもろこしマルチを張り、マルチに穴を開け、土も掘り、その中にぼかし肥を入れ、土をかぶせ、そこにランナーを定植します。しかし、今日は日差しが強すぎたせいか!午前中にとったランナーが暑さで枯れてるように見えるものもあり、新しいランナーを取り足しながら作業をしました。

最後の方は暑さで結構疲れてきて、本日中に完成するか心配でしたが、みんなの力でなんとか完成。おそらく240本くらいは定植できたのではないかと思います。

本日は蒸し暑く、汗もたくさんかきました。参加されたメンバーの方々、大変お疲れ様でした。